風俗業界に魂を売った男が語る“フーゾク”0から100!!

フーゾクのハテナ

先生の戯言

【第4回】風俗業界に入ったキッカケ(後編)

投稿日:

前回の続き…

鬼の研修のはじまりはじまり…

遂に初出勤の日。とは言ったものの初めの

3日間は研修で、出来の悪さによっては

延長研修もあるとの事( ;∀;)

送迎に使う車は自家用車

(社用車を使用してるドライバーさん

もいらっしゃいました!)

僕がこの業界に入った時はまだ、

スマホもない時代(-_-;)

そんな時代の必需品は天下の地図本

「マップルw」

(デリヘルスタッフ10年選手の方にとっては

とても懐かしいんではないでしょうかw

その、マップル様を入店祝いにお店から

頂きw、まずは地図の読み方の

お勉強から(;'∀')

店長「はい、5E25…」

店長に言われた数字とアルファベットを頼り

に黙々と探し友達を永遠に探すゲームのよう

なものをしてお店が忙しくなり

(鼠店長が新米の世話をする暇がなくなりw)

初日の研修は終わり…



研修2日目

研修2日目、この日からは実際車で

走っての研修、

昨日は目の前で店長から地図の指示を受けて

いましたが、今日からは

電話で指示を受け、調べて、その場所に行く

というもの。

事務所に行き渡されたのは、キャストさんの

名前と住所が書いてある名簿のようなもの

と、ラブホテルがひたすら書いて

ある表の二枚w

この店のキャストさんは、大まかに分けて

事務所の隣に併設された“待機場”か

近隣ですぐに送迎可能な子のみ可能な

自宅での待機になっていました。

これがまた大変で(-_-;)

今は携帯などの地図アプリや、車のナビで

ほぼ正確に出ますが、当時のナビは

正直ポンコツ、と言うより通常使用する分

には問題ないのですが、自宅など細かい

場所は出ないのでこの仕事には特化して

ないかなという感じ(-_-;)

そもそもデリヘルに特化した地図

なんて作る訳ないですがww

本版の地図は話になりませんww

でもね、嫌がらせのように店長が

「12D32」「4G20」

あの暗号をを言ってくるんですよねww

到着するまでお店に電話をかけてはいけない

ルールもありパニックになりながらも

大体の周辺まで行き、分からなかった場合は

周辺をひたすら走って探しましたw

何とか、10時間くらいかけて約30人程

のキャストさんの自宅を行き来してこの日

も終了するのでした。

研修最終日

研修最終日の日、先日貰ったラブホテルの

住所を見て、ラブホテル巡りww

僕の住んでいた場所は大都市でしたが、

まさかこんなにあるのかって思うほど

ラブホテルってあるんだって思いましたねw

ただ、前日のキャストさんの自宅よりは

全然簡単♪すんなりとホテルを巡り終了!

最後に実際にキャストさんを送迎して研修は

無事終了して晴れて

デリヘルドライバーになったのでした!(^^)!

エピローグ

三回に渡ってお話させて頂いた

風俗に入ったキッカケ、

実際これからが本番で、

雇われとして勤務したお店はこの一店舗で、

後は、経営の方に回りましたが、

お話したらもう止まらない程、

良い事も悪い事も風俗での思い出

はありますので、

また時間をかけてお話して

いきたいと思います!

-先生の戯言

Copyright© フーゾクのハテナ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.